スタッフ紹介|南森町で鍼灸院なら、『ようこ鍼灸院』までお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

院長紹介

漆原 陽子

漆原 陽子

Yoko Urushihara

担当日
月、火、金、土 10:00~17:00

略歴

2004年 大阪芸術大学 工芸学科 陶芸コース卒業
2011年 平成医療学園 鍼灸師科卒業
はり師・きゅう師免許取得

日本不妊カウンセリング学会 会員  
不妊鍼灸ネットワーク第一回公開講座 受講
不妊鍼灸ネットワーク第二回公開講座 受講

女性鍼灸師の勉強会「鍼灸臨床研鑽会チームようこ」主催

ご挨拶

はじめまして。
院長の漆原陽子です。
自身の体外受精の経験から不妊鍼灸、女性のための鍼灸施術、に携わらせていただくようになりました。

私は20歳の時に子宮内膜症と診断され、その後はチョコレートのう腫と子宮腺筋症を併発。
2度の婦人科手術を経験しています。

24歳の時に経験した1度目の婦人科手術の際、
「こんな状態では到底妊娠できないね」と医師に言われ、大泣きに泣いたことを昨日のことのように覚えています。
それでも妊娠をあきらめきれず、運よく自然妊娠したのですが流産を経験しました。

流産の原因と言われた子宮腺筋症の手術(2度目)をしたのが33歳、その年に体外受精により妊娠、翌年出産することができました。

私が鍼灸師を志した一つの理由は、自分自身の子宮内膜症を治したいと思ったことです。

もう一つの理由は、20代で婦人科の医師からセクハラ的な発言をされ、情けなく悲しい思いを経験し、婦人科疾患で悩んでいる女性の心に寄り添うことができる鍼灸院を、自分自身で作ってしまおう!と思ったからです。

いま、不妊鍼灸や女性のための鍼灸に携わらせていただくようになって、病める人の心に寄り添うことの大切さを実感しています。
同時に、西洋医学的手段では力の及ばない領域が存在することも事実です。東洋医学である鍼灸こそが発揮できる力があると感じています。

鍼灸師である前に、一人の女性としてあなたに向き合い、鍼灸師として、効果の実感できる施術をさせていただくことが使命です。
「一人で悩まないで。」
あなたが鍼灸に出会われますことを願っています。

スタッフ紹介

村本 早希

村本 早希

Saki Muramoto

担当日
水 10:00~17:00
金 10:00~16:00

資格

鍼灸師

奈良佐保短期大学非常勤講師

ご挨拶

奈良県在住。8歳のころからアーティスティック(旧シンクロナイズド)スイミングをしていました。
日本代表として国際大会にも出場し、シンクロに明け暮れる毎日を過ごしていました。(おかげで陸での生活が苦手に。)
そのころに負った怪我がきっかけで、「将来は身体のケアができる仕事につきたいな。」と考えるように。私の身体のケアをしてくれていた先生に相談すると、「スポーツ選手のケアをするなら鍼灸師になるといいよ。」とアドバイスを受け、鍼灸師を志すことにしました。
鍼灸学生時代に、今まで知らなかった東洋医学の魅力に惚れ込み、スポーツ以外の鍼灸にも夢中に。
資格を取得してから相談されることが多かったのが、不妊についてのお悩みでした。 不妊についての勉強をしていたころに院長に会い、院長のもとで働きたい!と思いおしかけました。 今までの経験もいかしつつ、患者様一人ひとりに合わせた的確な施術ができるように心がけています。よろしくお願い致します。

倉田 求

倉田 求

Motomu Kurata

担当日
土 15:00~21:00

資格

鍼灸師

当院特別顧問

ご挨拶

みなさん、初めまして。
鍼灸師になるきっかけは家族が健康管理に鍼灸施術を受けていたことで身近に感じていた事と、
中国の鍼麻酔のニュースを見て驚き、強く関心を持つようになり鍼灸師を目指すようになりました。
鍼灸に携わって40年程経ちます、不妊鍼灸、心の病に取り組んでいますが、特に最近は男性不妊に力をいれています。
施術は東洋医学の診断に基づいた陰陽の全身調整と、各患者様の子宮、卵巣等に効果的に最適なツボを選択し施術するように心がけています。
患者様自身の声と身体の内からの声を聴くようにし、患者様自身が、賦活できる力を引き出させるような施術と自己ケアができるようアドバイスをさせていただいています。

pagetop

     

LINE

南森町本院 ネット予約

箕面院 ネット予約

LINELINE

南森町本院
ご予約はこちら

箕面院
ご予約はこちら